たるみはほうれい線を作る原因になる?

たるみはほうれい線を作る原因になる?

年齢と共に顔のたるみを感じる方も多いですが、たるみが出てくることによってほうれい線も表れるようになります。歳を重ねると共に出てくるのだから、高額化粧品や美容液を用意しても意味がないと思っている方も多いでしょう。

 

確かにほうれい線の予防は難しいかもしれませんが、ほうれい線の原因の1つである「たるみ」を引き起こしているのは、あなたの行動かもしれませんよ。頬のたるみを引き起こす原因として「頬杖をつく」という行動が挙げられます。

 

例えばテレビをぼんやり見ている時や本を読んでいる時、考え事をしている時などに無意識に頬杖をついていることはありませんか?

 

頬杖は頬のたるみに大きく影響してきますので、ほうれい線の原因になります。また、無意識のうちに「だらけ顔」になっていることはありませんでしょうか?だらけ顔というのは、ボケーっとしている時などに顔がだらけきっている状態のことです。気を抜いてボケーっとしてしまうと口もだらしなく開いているでしょうし、顔の筋肉も緩みきってしまいます。

 

四六時中顔を緊張させておかなくてもいいですが、だらけ顔になる回数を減らすよう心がけましょう。また不満な時や不快な時などに無意識にへの字口を作ってしまう方もいらっしゃいますが、への字口もまたNG行動です。

 

無意識な方も多いでしょうが、気をつけましょう。例えばいつも笑顔な人というのは、見ていても明るくて若々しい印象ですよね。いつも笑顔でいるとか表情での表現が豊かだと、自然と顔の筋肉である表情筋が鍛えられるので、たるみも抑えることができてほうれい線も予防できるようになっているのです。

 

たったそれだけのことですが、ほうれい線予防には効果がありますので心がけてみてください。頬のたるみやほうれい線というのは歳を重ねるごとに表れるのは仕方がないとも言えますが、ほうれい線の心配の要らない若いと言われるうちから心がけておきましょう。

 

ほうれい線を消す化粧品はこちら